農地を利用しない倉庫農業

ITで、環境制御

6次産業に特化

創業の選択

いろいろな農業の形

空き施設栽培 農地を利用しない栽培
ハードルは低く、すぐに参入できます。 LED野菜栽培、スプラウト栽培
業務委託の農作業 農業者の農作業を肩代わりすることから、農業に参入
定植作業、収穫作業、除草作業など
農地を利用 農地法を適用し、農地を確保し、本格的に農業を開始する。
露地栽培、水稲栽培、果樹栽培など
キノコ栽培 空き倉庫や、ビニールハウスでキノコ栽培
椎茸、キクラゲ、舞茸、ひらたけなど
植物工場栽培 ビニールハウス、ドームハウスなどで、周年の果菜類栽培
トマト、パプリカ、いちご、果実など

必要な資格

農業を開始するには資格が必要




農地法3条 農地を賃貸・購入できるようになります。農地所有適格法人(旧:農業生産法人)
農地法4条・5条 農地の一部を施設などを建設する場合に必要です。
認定新規就農者 農業の素人の会社様が、プロの農業者を目指し、5年後まで安定経営できる計画を自治体(都道府県)に認定してもらう制度です。
農業系の融資が受けられるようになります。
認定農業者 地域の自治体に、プロの農業者として認定してもらうことで、農業系の融資を受けられるようになります。法人の要件、定款などの整備が必要です。
6次産業化 流通が得意な会社様が、農業に参入される場合は、6次産業化の認定を受けることで、いろいろな補助制度が利用できます。

集約型農業

大型機械で広い農地を耕作




農業の高齢化 農業者の平均年齢は66.6才 後継者不足で、耕作できない農地を集約して、農業を請け負う会社は全国で求められています。
耕作放棄地の拡大 耕作放棄地を集約して、耕作します。

ブランド型農業

野菜をブランド化し付加価値を創出




付加価値をつける 有機JAS、GAP,JGAPなどの、認証制度により、付加価値を付けて販売する
国や地域行政による制度もあります。 特別栽培農産物、エコファーマー制度あんど

BtoC BtoBの流通





BtoB 農業においても、企業どうしの取引があります。 また契約栽培という形で、農業法人が企業に納品する形もあります。
大型の栽培に向いています。
BtoC 農業法人から、消費者に直接販売する取引もあります。
小売することで、利益率が上がります。
BtoC発展型 農業法人から、レストラン・飲食店などに、直接納める形式もあります。
シェフの好む野菜などを厳選して栽培します。